各種記事

キリスト教教育強調週間一覧

2019年5月28日大学礼拝(2019年度春期キリスト教教育強調週間)の案内

掲載日:2019.05.22

《2019年度春期キリスト教教育強調週間》
   2019年度後学期第回大学礼拝

日時:2019年5月28日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:マタイによる福音書5章9節、13−16節
奨励:「私にできること、あなたにできること――ボランティア活動を考える」
講師:南 佳子(みなみ・よしこ)先生
みなみ動物病院副院長。元酪農学園大学獣医学部教授。
   日本基督教団栗山教会会員。NPO北海道ボランティアドッグの会理事。
   専門は人と動物の関係学、動物行動学、獣医臨床行動学。獣医学博士。

次回の大学礼拝は、2019年度春期キリスト教教育強調週間として行います。
年に二度の強調週間ですので、学生、教職員のみなさん、積極的にご出席ください。
また、礼拝後に茶話会もありますので、講師との交流の機会ですから、併せてご出
席ください。お待ちしています。

【茶話会の案内】
礼拝後に黒澤記念講堂2階集会室で茶話会を行います。講師の南先生との交流の機会です。
学生みなさん、ぜひご出席ください。また、教職員のみなさんにとっては、懐かしい再会
のばでもありますので、礼拝と併せて積極的にご出席いただければと願っています。

【講師からのメッセージ】
 誰からも強制されることなく自らの自由意思で自発的に行うのがボランティア活動です。
私は生まれつきのボランティア大好き人間。小さいころから、いろいろなボランティア活
動に参加してきました。20年以上行ってきたライフワークともいえるセラピードッグとの
高齢者施設や病院への訪問活動もそのひとつです。誰もが参加可能なボランティア活動の
魅力と可能性をご紹介し、小さなピースメーカーとしての働きをシェアします。

【講師紹介】南 佳子(みなみ・よしこ)先生
 1961年札幌生まれ。母に連れられて3歳の時より日曜学校(教会学校)に通う。1979年
12月日本キリスト教会札幌琴似教会にて斎藤義信牧師より受洗。1980年酪農学園大学入学。
1986年酪農学園大学大学院獣医学科修士課程修了。同年、酪農学園大学に就職。助手、講師、
准教授、教授を経て、2012年結婚を機に退職。現在は、みなみ動物病院副院長。書籍・テキ
スト・新聞コラム等の執筆、講演会・講習会講師、学会・研究会活動、動物病院からの依頼診
療などに携わる。専門は人と動物の関係学、動物行動学、獣医臨床行動学。獣医学博士。
日本基督教団栗山教会会員。NPO北海道ボランティアドッグの会理事。


2019年度春期キリスト教教育強調週間の案内

掲載日:2019.05.10

2019年度春期キリスト教教育強調週間を以下の通り行います。

日時:2019年5月28日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
主題:「私にできること、あなたにできることーーボランティア活動を考える」
講師:南 佳子先生
   みなみ動物病院副院長
   NPO北海道ボランティアドッグの会理事
   元酪農学園大学獣医学部教授
   日本基督教団栗山教会会員

今回の強調週間には獣医師・獣医学者の南佳子先生をお迎えします。先生は本学
の出身で、本学の教員を務められ、今は臨床の獣医師をとして働きつつ、研究を
続けておられます。セラピードッグと一緒に続けてこられたボランティア活動の
素晴らしさをシェアする機会にできればと願っています。クリスチャンとして、
まさに三愛精神を身をもって示してきた南先生のお話を聴きにいらしてください。


 | 
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
新着情報