酪農学園大学キリスト教教育 > キリスト教教育について

キリスト教教育について

酪農学園大学のキリスト教教育

建学の精神に立脚して

 私学にはどの大学にも「建学の精神」があります。その大学の存在意義を一言で言い表す言葉です。キリスト教大学・酪農学園大学の建学の精神は、「三愛精神」と「健土健民」です。「三愛精神」は、日本のキリスト教学校の中にあってもきわめてユニークなものです。福音書には、神を愛し、隣人を愛すことを最も重要な教えとするイエス・キリストの言葉(マルコによる福音書12章28-34節)が記されていますが、酪農学園大学は、これに「土を愛する」を加えた三愛精神を掲げているからです。酪農学園大学のもうひとつの建学の精神、健やかな大地が健康な人々を育む「健土健民」の理念は、このキリスト教的なふたつの精神に、「土を愛する」生き方を融合させた本学の特質を明瞭に表しています。ここに「宗教者であり、科学者であり、農民であることを人間の完成形とする」思想が確立されるのです。
 この建学の精神は、酪農学園大学がよって立つ精神的支柱であり、本学の比類なき存在意義を社会に知らしめる指標です。本学は、この建学の精神を基盤に、農食・獣医学・環境という「いのち」を扱う学問・研究領域に果敢に取り組み、自立した社会人を育成、輩出していくことをその教育の目標としています。

酪農学園大学のキリスト教教育は EWFS

 酪農学園大学の建学の精神の基盤となるのが、キリスト教教育です。酪農学園大学のキリスト教教育は、EWFSで表されます。
Education(教育)
キリスト教関連科目、聖書研究、海外研修など
Worship(礼拝)
大学礼拝など
Fellowship(交わり)
諸イベント、祈りの会など
Service(奉仕)
ワークキャンプ、ボランティア活動など
 日々「キリスト教学」で学び・考え、週一回行われる「大学礼拝」で生きたキリスト教にふれ、共に祈り、様々なイベントに参加し、また、「海外研修」や「ワークキャンプ」も参加できるEWFSのキリスト教教育プログラムに、みなさんもぜひ参加してください。

教育内容

大学礼拝

教育プロフィール 本学では、毎週火曜日、午前10時40分〜12時10分、黒澤記念講堂で礼拝が行われています。 これには、全学すべての学生が出席できるようになっています。

教育プロフィール 教育プロフィール

ランチタイムの祈り会

教育プロフィール 毎週月曜日の昼休み、黒澤記念講堂2階キリスト教教育研究室にて、有志が集まり、酪農学園のために祈りを合わせています。学生、教職員だれでも気軽に参加することができます。

黒澤記念講堂2階会議室

教育プロフィール 教育プロフィール
大学礼拝後に、講師を囲んで茶話会を開き、楽しく懇談しています。 キリスト者学生会(KGK)が毎週火・木曜日昼休みに聖書研究を行っています。