各種記事

お知らせ一覧

2018年度第14回(2018年7月17日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.07.12

2018年度第14回大学礼拝

日時:2018年7月17日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ローマの信徒への手紙12章15節
奨励:「共感する力」
   小林昭博(宗教主任・循環農学類キリスト教応用倫理学研究室准教授)

次回の大学礼拝の奨励は宗教主任の小林昭博先生が担当されます。
前学期の大学礼拝も残り2回となりました。最後までご出席くださることを願っています。

添付の週報には7月10日の韓国のCCCの学生と本学の学生の交流会の写真を載せています。
週報ではモノクロですので、HPでカラー版をご覧ください。


2018年度第13回(2018年7月10日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.07.04

2018年度第13回大学礼拝

日時:2018年7月10日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ヨハネによる福音書3章16節
担当:韓国のCCC(Campus Crusade for Christ)の学生のみなさん

CCC(Campus Crusade for Christ) によるプログラム
    Black Light 「君のために」
    Worship Dance 「あなたがいるから、そう!」
    証   し  Kowon Heeyeon
    合  唱  「その愛」

次回の大学礼拝は韓国のCCC(Campus Crusade for Christ)の学生のみなさんによるプログラムとなります。
韓国と日本の文化交流の架け橋でもありますので、みなさん、是非ご出席ください。

なお、礼拝後に黒澤記念講堂2階の集会室でCCCの学生たちとの交流の機会を持ちます。
お茶とお菓子を用意していますので、韓国に友達を作ってみてください。


ニュースレター出会い 78号

掲載日:2018.06.27

ニュースレター出会い 78号ニュースレター78号を発行いたしました。
詳細はPDFにてご確認ください。
ニュースレター出会い 78号


ニュースレター出会い 77号

掲載日:2018.06.27

ニュースレター出会い 77号ニュースレター77号を発行いたしました。
詳細はPDFにてご確認ください。
ニュースレター出会い 77号


2018年度第12回(2018年7月3日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.06.26

2018年度後学期第12回大学礼拝
日時:2018年7月3日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ルカによる福音書19章1~10節
奨励:「真の出会い」                
   朴 美愛(パク・ミエ)先生(日本基督教団野幌教会牧師・元本学キリスト教学教授)


次回の大学礼拝は元本学キリスト教学教授で、現在は日本基督教団野幌教会牧師である
朴美愛先生に奨励をご担当いただきます。ぜひともご出席ください。


2018年度第11回(2018年6月26日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.06.19

2018年度後学期第11回大学礼拝
日時:2018年6月26日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ローマの信徒への手紙5章1−5節
奨励:「言葉の力:自分を育ててくれた言葉を考える」                
   堂地 修先生(農食環境学群長)

次回の大学礼拝は農食環境学群長の堂地修先生に奨励をご担当いただきます。
両学群の学生はもとより、教職員のみなさんも是非ともご出席ください。


2018年6月19日KNOW GOSOELライヴ(酪農学園大学礼拝)のお知らせ

掲載日:2018.06.18

2018年度第10回大学礼拝
日時:2018年6月19日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂

次回代の大学礼拝は、札幌のゴスペル・クワイア《KNOW GOSPEL》の
ゴスペル・ライヴです。いつもと違うノリノリのゴスペルを愉しんでください!

曲目等はPDFをご覧ください。

《KNOW GOSPELの紹介》
 KNOW GOSPELは、2000年9月にシンガーでありディレクターであったデリック・パニエ牧師によって創設されたゴスペル・クワイアです。歌を通してイエス・キリストの「福音」(GOSPEL)を知ってもらうことを目的として、様々な年齢や職業のメンバーが参加しています。
 今までオリジナルライブの開催や市内各商業施設のイベント・ 区民センター主催コンサート・大学祭などに出演し、さらに旧厚生年金会 館や札幌ドームで行われたゴスペル・フェスティヴァルで全道のゴスペル・クワイアと共演してきました。KNOW GOSPELは札幌・宮の森フランセス教会をホームグラウンドとして活動しており、東日本大震災復興支援ゴスペル・ライヴに出演するなど、積極的にゴスペルが持つメッセージを発信し続けてきました。2007年に創立者のデリック・パニエ牧師が召天し、その志をメンバーが引き継ぎ、《愛》を大切にしてゴスペルを歌い続けています。
 なお、クワイア名の「KNOW GOSPEL」とは、世界の皆様に「ゴスペルを知ってください!」 という故デリック・パニエ牧師の強い思いを込めて命名されたものです。


2018年度第9回(2018年6月12日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.06.07

2018年度後学期第9回大学礼拝
日時:2018年6月12日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:マタイによる福音書4章18-22節
奨励:「人を育てるには」                
   三浦照男先生(インド・サンヒッギンボトム農工大学教授)

三浦照男先生は本学卒業後に米国に留学して研究者となり、現在はインド・サンヒッギンボトム
農工大学教授として、インドの農業と人権の発展に尽力しておられます。その働きは日本基督教
団の海外宣教の一翼をも担っており、三浦先生はまさに三愛精神を体現する働きを実践してこら
れました。その働きをお覚えいただくためにも、ぜひとも礼拝にお越しください。

また、礼拝後には黒澤記念講堂の2階集会室で、アジア酪農交流会とキリスト教教育委員会の共
催で、例年同様に三浦先生を囲んで昼食会を行います。学生にもお声がけのうえ、礼拝に続けて
ご出席ください。また、お昼休みの時間にも重なりますので、教職員のみなさんにも交流の時間
にお顔をお出しいただければ幸いです。良き交流のときとなることを願っています。


2018年度第8回(2018年6月5日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.05.29

2018年度後学期第8回大学礼拝
日時:2018年6月5日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:イザヤ書53章1-12節
奨励:「アンパンマンとイエス・キリスト:史上最弱のヒーロー」                
   高橋優子先生(キリスト教学教員・獣医学類獣医倫理学研究室准教授)

次回の大学礼拝の奨励は高橋優子先生が担当されます。「アンパンマンとイエス・キリスト」
という題ですので、子どもの頃に見ていたアンパンマン(今も見ている人もいるかもしれま
せんが)を想い出しつつ、聖書に触れる機会としてみてください。

みなさんのご出席をお待ちしています。


2018年5月29日大学礼拝(春期キリスト教教育強調週間)の案内

掲載日:2018.05.22

         2018年度春期キリスト教教育強調週間

2018年度後学期第7回大学礼拝
日時:2018年5月29日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:マルコによる福音書10章46−52節
奨励:「あなたの真実があなたの信実になる」                
    安部一徳先生
    日本基督教団北見望ヶ丘教会牧師
    学校法人北海道キリスト教学園北見のぞみ幼稚園園長

【学生へのメッセージ】「あなたの真実があなたの信実になる」
 わたしは単純な性格です。牧師・園長をしていていろいろなジャンルの人に出会います。そして「素晴らしいな」
と思える人に出会うとすぐに影響されてしまいます。どうしてそうなるのかというと、その人のもっている世界観
に共鳴するからだろうと思います。
 幼稚園の園長をしていて教職員に言うことがあります。「今出会っている子どもたちの保育は今だけにあるので
はない。彼らが成人になる成長の姿を考えながら保育するように」です。それは子どもたちの日々の出会う積み重
ねに「素晴らしい世界」を見出す非認知的部分が内蔵していると考えるからです。それを「神の真実に対して人間
の信実が応答する」との信仰の本質と深く受け止めています。

【講師紹介】安部一徳(あんべ・かずのり)先生
 1967年東京生まれ。多摩湖の近くで育つ。酪農学園大学酪農学部酪農学科卒業。在学中は卒論でサイレージ調整
制御に取り組む。卒業後神学校で学び牧師となる。日基督教団道北センター牧師・三愛塾事務局長(名寄)、日本
基督教団厚別教会牧師(新札幌)、日本基督教団杉並教会牧師(東京)を経て、2016年より日本基督教団北見望ヶ
丘教会牧師・学校法人北海道キリスト教学園北見のぞみ幼稚園園長に就任。これまで教会の牧師と幼児教育に奉職。
子どもの「心の根っこ(非認知能力」)を保育理念の主軸におき実践中。


【講師を囲んで】
 礼拝後に黒澤記念講堂2階の集会室で講師を囲んで茶話会を行います。安部先生と話してみたい方や質問のある方
は、礼拝後に2階にお進みください。もちろん教職員の方も歓迎します。飲み物やお菓子も用意してありますので、
リラックスした雰囲気でゆっくりとお話しできます。遠慮せずに、ご参加ください。お待ちしています。