各種記事

お知らせ一覧

2019年1月22日大学礼拝(最終礼拝)の案内

掲載日:2019.01.10

2018年度後学期第15回大学礼拝

日 時:2019年1月22日(火)10時40分
場 所:黒澤記念講堂
聖 書:フィリピの信徒への手紙3章12−14節
あかし:「目標を追い続ける」
    小林昭博(宗教主任)

次回の大学礼拝は、2018年度の最終礼拝となります。1年間を振り返りつつ、
新たな気持ちを持つ時間にできればと願っています。
みなさんのご出席をお待ちしています。


2019年1月8日大学礼拝(韓国CCCの学生たちによる特別プログラム)の案内

掲載日:2018.12.21

2018年度後学期第14回大学礼拝

日 時:2019年1月8日(火)10時40分
場 所:黒澤記念講堂
聖 書:箴言8章17節
あかし:「神を捜し求める人は神を見出す」
    ユン・チャンジュン(韓国・ハンバッハ大学2年生)

次回の大学礼拝は、韓国のCCCの学生たちによる特別プログラムです。
半年ぶりの韓国の学生たちとの再会を楽しみにしていらしてください。

みなさんのご出席をお待ちしています。


2018年度酪農学園大学クリスマス・コンサート(礼拝)の案内

掲載日:2018.12.11

2018年度後学期第13回大学礼拝
 2018年度酪農学園大学クリスマス・コンサート(クリスマス礼拝)

日時:2018年12月18日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ルカによる福音書1章26−35節
   ルカによる福音書2章8−14節
   マタイによる福音書2章1−12節
   ヨハネによる福音書1章1−5節
奨励:「クリスマスの光」小林昭博(酪農学園大学宗教主任)

司  式 小林昭博(酪農学園大学宗教主任)
奏  楽 佐藤理恵(日本基督教団野幌教会員)
讃美指導 相原晴伴(酪農学園大学教授)
指  揮 牧野時夫(北海道農民管弦楽団代表)
演  奏 酪農学園大学 室内楽団・吹奏楽団
合  唱 楽農学園大学 合唱部・聖歌隊

次回の大学礼拝はクリスマス・コンサート(クリスマス礼拝です)。
指揮者に北海道農民管弦楽団代表の牧野時夫先生(有機農園エコファーム代表)をお迎えし、
吹奏楽団、室内楽団、合唱団、聖歌隊による演奏や合唱を聴き、一緒にクリスマスの讃美歌
を歌います。

学生、教職員のみなさんの積極的なご参加をお待ちしています。

なお、聖歌隊で一緒に歌ってくださる方を募集しています。ぜひぜお加わりください。


2018年12月11日大学礼拝の案内(カンテレ・コンサート)

掲載日:2018.12.05

2018年度後学期第12回大学礼拝

日時:2018年12月11日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:マタイによる福音書21章42節
奨励:「小麦畑の雑草だったライ麦に魅せられて」     
    義平大樹(循環農学類作物学研究室教授)
    宮崎早花(循環農学類食物利用学研究室講師)

カンテレ・コンサート
 あらひろこ(カンテレ奏者)


次回の大学礼拝は、2部構成となります。
第1部はライ麦を使ったヒンメリの飾りについて義平先生と宮崎先生にお話しいただきます。
第2部はフィンランドの楽器カンテレを使ったコンサートを行います。奏者はカンテレの第
一人者のあらひろこさんです。

みなさん、どうぞご出席ください。


2018年12月4日大学礼拝の案内

掲載日:2018.11.28

2018年度後学期第11回大学礼拝

日時:2018年12月4日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ヨハネの黙示録19章5-16節
   ヨハネの黙示録11章15節
奨励:「ヘンデル『メサイア』がクリスマスに演奏される理由」
高橋優子(キリスト教学教員、獣医学類獣医倫理学研究室准教授)

次回の大学礼拝は、キリスト教学担当の高橋優子先生が奨励を担当してくださいます。
クリスマスに歌われるヘンデルの『メサイア』についてお話しくださいます。クリス
マスの背景にある文化について知る良い機会です。ご出席くださいますようお願いい
たします。


2018年11月27日大学礼拝の案内

掲載日:2018.11.20

2018年度後学期第10回大学礼拝

日時:2018年11月27日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:マルコによる福音12章28b−34節
奨励:農業と文化が子どもを救う」
松居 友(児童文学者、絵本作家、フィリピン・ミンダナオ図書館主宰)

次回の大学礼拝は、児童文学者・絵本作家であり、フィリピン・ミンダナオ図書館主宰の
松居 友さんに奨励をご担当いただきます。日本とフィリピンの子どもや若者たちの架け
橋となる活動をしておられる、松居さんのお話しを通して、隣人愛の大切さを一緒に考え
るときを持ちたいと考えています。みなさん、どうぞお越しください。

なお、次回の礼拝はアドヴェント(待降節)第1礼拝となります。いよいよクリスマスが
やってきます。


2018年11月20日大学礼拝の案内

掲載日:2018.11.14

2018年度後学期第9回大学礼拝

日時:2018年11月20日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ヤコブの手紙1章22-25節
奨励:「イランカラプテ~そっと触れていく中で~」
   肥田信長(とわの森三愛高等学校宗教部長)

次回の大学礼拝は、附属高校とわの森三愛高校の宗教部長の肥田信長先生が
奨励をご担当くださいます。附属高校出身者は久しぶりの再会になることと
思います。みなさん、ぜひご出席ください。


2018年11月13日大学礼拝(KNOW GOSPELライヴ)の案内

掲載日:2018.11.08

2018年度後学期第8回大学礼拝
日時:2018年11月13日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂

次回代の大学礼拝は、札幌のゴスペル・クワイア《KNOW GOSPEL》の
ゴスペル・ライヴです。前学期で慣れたと思いますので、ノリノリでお願いします。

曲目等はPDFをご覧ください。

《KNOW GOSPELの紹介》
 KNOW GOSPELは、2000年9月にシンガーでありディレクターであったデリック・パニエ牧師によって創設されたゴスペル・クワイアです。歌を通してイエス・キリストの「福音」(GOSPEL)を知ってもらうことを目的として、様々な年齢や職業のメンバーが参加しています。
 今までオリジナルライブの開催や市内各商業施設のイベント・ 区民センター主催コンサート・大学祭などに出演し、さらに旧厚生年金会 館や札幌ドームで行われたゴスペル・フェスティヴァルで全道のゴスペル・クワイアと共演してきました。KNOW GOSPELは札幌・宮の森フランセス教会をホームグラウンドとして活動しており、東日本大震災復興支援ゴスペル・ライヴに出演するなど、積極的にゴスペルが持つメッセージを発信し続けてきました。2007年に創立者のデリック・パニエ牧師が召天し、その志をメンバーが引き継ぎ、《愛》を大切にしてゴスペルを歌い続けています。
 なお、クワイア名の「KNOW GOSPEL」とは、世界の皆様に「ゴスペルを知ってください!」 という故デリック・パニエ牧師の強い思いを込めて命名されたものです。


2017年11月6日大学礼拝の案内

掲載日:2018.10.31

2018年度後学期第7回大学礼拝

日時:2018年11月6日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ルカによる福音書24章1-12節
奨励:「ピーター・ラビットとキリスト教?」
   高橋優子(キリスト教学教員、獣医学類獣医倫理学研究室准教授)

次回の大学礼拝は、キリスト教学の高橋優子先生が奨励をご担当されます。
ピーターラビットの世界について、聖書とキリスト教の観点からお話しく
ださいます。

みなさんのご出席をお待ちしています。


2018年度秋期キリスト教教育強調週間の報告

掲載日:2018.10.31

2018年10月30日に2018年度秋期キリスト教教育強調週間を行いました。
講師の新免貢先生(宮城学院女子大学教授、同宗教センター長、全国チャプレン会会長)が
「生きていたことの証明書」と題して、オウム真理教の事件に関する諸問題、そしてメイン
のテーマである発達障がいついてお話しくださいました。特に、宮城県で起こった発達障が
いの生徒の自死をめぐるいじめの問題については、いじめられる側の問題として事柄がクロ
ーズアップされ、解決策もいじめられる側の問題に収斂されてしまい、いじめる側の問題と
して事柄が捉えられておらず、いじめる側に対して真剣な取り組みが十分になされていない
現状を問い直そうとする思いが語られました。「発達障がい」はわたしたち自身にとっても、
大学にとっても、とても身近な課題であることを改めて学ぶことのできる機会でした。

パトス(情熱)溢れるお話しをしてくださった新免先生に感謝の意を表したいと思います。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
新着情報