各種記事

2019年11月12日大学礼拝の案内

掲載日:2019.11.06

2019年度後学期第7回大学礼拝

日時:2019年11月12日(火)午前10時40分〜12時10分
場所:黒澤記念講堂
聖書:コリントの信徒への手紙二12章5−10節
奨励:「Paradoxーー弱いときにこそ強い」
講師:朴 美愛先生
   酪農学園宗教主事

次回の大学礼拝は学園宗教主事の朴 美愛(パク・ミエ)先生が奨励をしてくださいます。
学生、教職員のみなさん、ぜひともご出席ください。お待ちしています。

【奨励者からのメッセージ】
 私たちは「強く」なりたいと思うものです。ところが、今日の聖書箇所では「弱い」とき
にこそ「強い」というのです。これはParadox(逆説)です。考えの転換です。「弱い」と
いうことは身体的・精神的・社会的・経済的な力がなく、貧しく、人の目に弱々しく見える
ということだと考えられます。パウロは三度「トゲ(弱さ)を離れ去らせてください」と祈
りました。この祈りに神様は「わたしの恵みはあなたに十分である・・・」と答えます。後
に、パウロは「わたしは弱い時にこそ強い」と語るのです。私たちは自分の弱さを知り、認
めることから勇気ある強い人になれる道が開かれるということでしょう。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
新着情報