各種記事

2018年度春期キリスト教教育強調週間の案内

掲載日:2018.05.16

2018年度春期キリスト教教育強調週間を以下の要領で行います。

日時:2018年5月29日(火)10時40分〜
場所:酪農学園大学 黒澤記念講堂
聖書:マルコによる福音書10章46−52節
主題:「あなたの真実があなたの信実になる」
講師:安部一徳(あんべ・かずのり)先生
   日本基督教団北見望ヶ丘教会牧師
   北見のぞみ幼稚園園長
   本学酪農学科出身

 2018年度春期キリスト教教育強調週間には、本学出身で、現在は牧師と幼稚園園長としてご活躍なさっている
安部一徳先生を講師にお迎えします。安部先生はこれまで「三愛塾」などの本学とも関わり深い活動をされてこ
られましたが、幼稚園園長としても長く活動を続けており、子どもたちとの関わりのなかから、子どもにとって
重要なのは「非認知能力」であるとの思いを持つようになったとのことです。先生は非認知能力を「子どもの心
の根っこを育てる」こととして受け止めているのですが、その背後には本学の学生時代に学んだキリスト教精神
が強く関係していました。
 大学を取り巻く環境は非情に厳しいものがありますが、現在の大学にはIQなどによって測れる「認知能力」
に加えて、EQなどによって表される「非認知能力」も極めて重要です。社会や大学でも問題になっている様々
なハラスメントの根底には、教育において非認知能力が蔑ろにされてきたことが深く関係しているようにも思わ
れます。大学という「認知能力」が真に必要な場であればこそ、「非認知能力」もまた必須ではないでしょうか。
 安部先生を通して、少し立ち止まって、共感力などの人間力に繋がる「非認知能力」の大切さを一緒に考える
ひとときにしたいと願っています。
 なお、礼拝後に講師の安部先生を囲んで、茶話会をします。
 学生、教職員のみなさん、お忙しいとは思いますが、是非ともご出席ください。2018年度春期キリスト教教育強調週間