酪農学園大学キリスト教教育 > 全件表示 > お知らせ

各種記事

お知らせ一覧

2017年度後学期第12回(2017年12月12日)の大学礼拝の案内

掲載日:2017.12.06

2017年度後学期第12回大学礼拝

日時:2017年12月12日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:コヘレトの言葉3章11節
奨励:「理性の限界と永遠を思う心」                
   小栗昭夫(日本基督教団小樽聖十字教会牧師、元本学講師)


奨励の担当は、日本基督教団小樽聖十字教会牧師の小栗昭夫先生です。
先生は以前に本学のキリスト教学の講師をしてくださっていました。

【奨励者からのメッセージ】
 「理性の最後の一歩は、自分を超えるものが無限にあることを認めることである。もしそれを認めるに至らないなら理性は弱いものにすぎない」。私は、20歳の頃にこの言葉と出会いました。それ以来、50年間にわたり私にとって、生きる全ての場にあって自分の考えと行動を律することばとなっています。
 きょうは、このパスカルの言葉と、旧約聖書コヘレトの言葉を土台として、「理性の限界」と「永遠を思う心」についてお話をさせて頂きたいと思います。
 私の人生は、第二次世界大戦終了の年に始まり、戦後の歴史と同じ歩調で歩んで来た日々でありました。しかし、これら72年の日々は、誰もが謙遜になり、いのちへの尊厳に目を向け、平和な新しい日本を作りだすことに邁進してきたどころか、誰もがエゴイスティックな争いと混乱の中に埋没して来た歴史であったとしか思えません。
何よりも私自身が、人間としての弱さの故に、自分への驕り、安易に人を評価してしまう、という誘惑に直面することが多々ありました。しかし、たとえそれが学問における冷静な批評を必要とする場合であっても、真理の前に立つ謙遜さを見失った上での行為なら、やがては自分のプライドを死守することに囚われ、ついには勝ち負けの世界に埋没して行くことになりはしないか。そこからは、妬みや憎しみといった非創造的(自己破滅的)な負のエネルギーが流れ出てくるだけではなかろうか、と考えてしまいます。
 しかし、このように負のエネルギーが流れ出るままに身を任せるのではなく、創造のエネルギーを生み出して行くために絶えず研鑽を重ねる姿勢はどのようにして生みだして行けばよいのか。この問いへのヒントを、私は冒頭に引用したパスカルの言葉と、コヘレトの言葉の中に見出すのです。それは、真理の前に立つ謙虚さのことなのではないかと。
 とはいえ、やっと到達したと思った時点で、さらにその先にまだ道は続いている、という現実に人は気づかされる。つまり、理性の限界を気づかされるのです。パスカルはこの現実を「人間の中間性」と呼びました。正に我々は虚無と無限の中間におかれている。それゆえ「中間をはずれることは人間性をはずれることである」(378)とさえ語りました。のみならず、こうした中間性を自覚できることが人間の「偉大さ」なのだ、とも語りました。
 そんな現実の中に生かされている我々に、「神は永遠を思う心を与えて下さった」とコヘレトは語ります。この永遠とは、移ろい行く有限存在の世界に属するものではなく、不変、かつ無限なるもの、つまり、神ご自身の属性です。
 それゆえ我々は、傲慢さにも自己卑下の念にも囚われずに、神を思いつつ創造のエネルギーが生み出される希望を抱きながら日々の研鑽を進めて行く力に満たされるのではないだろうか、と考えさせられているところなのです。


2017年度後学期第11回大学礼拝(2017年12月5日)の案内

掲載日:2017.12.01

2017年度後学期第11回大学礼拝

日時:2017年12月5日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ルカによる福音書2章4-7節
奨励:「わたしの小さなクリスマス」                
   森 宏士(日本基督教団栗山教会牧師・本学講師)

奨励の担当は、日本基督教団栗山教会牧師の森宏士先生です。
先生は本学のキリスト教学の講師をしてくださっています。

【奨励者からのメッセージ】
 クリスマスを毎年祝うのは、約2000年前にイエスがこの世界に生まれたことのお祝いだけではありません。むしろ、神ナシと見えるわたしたちのこの世界に、新たにお生まれくださることを願うこと、平和を求めることでもあります。ルカ福音書のクリスマスと共に、わたしにとってのクリスマスを、少し紹介させていただきたいと思います。
 ルカ福音書の記すクリスマスは、次のようでした。世界を圧倒する巨大なローマ帝国がイスラエルを植民地化し、その圧政はいよいよ強まってきて、人々は不安でいっぱいでした。そこへ住民登録令が出されます。どのような人がどこにどれだけいるかを把握されることで、税や労役や監視が深まることを意味します。ヨセフも、妻マリアを伴って、登録のためにベツレヘムへ向かいます。マリアは、神によって子(イエス)を宿していたということですから、誰もが納得し得ない怪しげな妊婦とも言えます。臨月が近づいていて、とても不安な辛い旅であったことと思います。「どうしてこんなことが…いったい神さまは…」。
 さらなる困難が、ベツレヘムで待っていました。住民登録のために大勢が移動していたためでしょう、二人を泊めてくれる宿がとれなかったのです。当時の多くは「民泊宿」のようですが、ヨセフの先祖の土地、しかもマリアは身重です。なぜ誰ひとり、相部屋や、客間の片隅に寄せてくれなかったのでしょうか。皆、住民登録令の不安と疲労で余裕を失っていたのでしょうか。この、「よりによってこんな時に…いったいどうしてこんなことが…」という世界は、「神ナシに見える世界」を表しています。
 ところが幼な子は流産してしまうことなく、無事、生まれたのだと言います。ただし、誰もが見つけやすく、お祝いされやすい「宿屋や客間」にではなく(そこに誰も入れてくれなかった!)、そのかたわらの「家畜小屋」にです。
クリスマスの物語は、「神ナシ」に見えるこの世界に、神の救いがそれでも生まれたことを告げようとしています。この、悲しみや不安や排斥の中にいわば不時着した幼な子が、やがて、人々の「客間」に訪れることになる、と。
 わたしにとってのクリスマスは…お話の方で…。


2017年11月28日大学礼拝KNOW GOSPELライヴの案内

掲載日:2017.11.22

次週の大学礼拝は札幌のゴスペルクワイアのKNOW GOSPELのライヴです。
ノリノリの曲からしっとりした曲まで、ソウルフルなナンバーが続きます。

2017年度後学期第9回大学礼拝 KNOW GOSPELライブ

日時:2017年11月28日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂

曲目などは週報を確認してください。

Don’t miss it !


2017年度後学期第9回(2017年11月15日)の大学礼拝の案内

掲載日:2017.11.15

2017年度後学期第8回大学礼拝

日時:2017年11月21日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:マルコによる福音書1章40-45節
奨励:「差別と偏見の歴史ーーハンセン病を題材として」                
   石橋紀彦(とわの森三愛高校教諭)

奨励の担当は、とわの森三愛高校教諭の石橋紀彦先生にしていただきます。
高校出身の学生には懐かしい時間になると思いますが、ハンセン病の患者に
対する偏見や差別は今も残っています。この機会にハンセン病の患者の人権
に思いを馳せていただきたいと思います。

【奨励者からのメッセージ】
とわの森三愛高校で普段は数学科と情報科の教員をしている。勤続20年以上ではじめて大学の礼拝にお招きいただき、感謝している。
とわの森三愛高校では、月曜1時間目に礼拝を行っている。今回の奨励の内容は、昨年度、とわの森三愛高校で話しをしたことをもと
に再構成した。他校のキリスト教主義学校の先生にもご協力いただいた。勉強しないと話せない内容で、個人的にもとても良い学び
の機会となった。今回はこのことを、大学の方々とも分かち合いたいと思う。
 個人的に、ときどき長期休みを利用して少し遠くの文化を学んでいる。北海道に住んでいるからこそわかることもあれば、道外に
出ないとわからないこともある。今回は、その学んだ題材のうち、『ハンセン病』について取り上げてみたい。テレビドラマや映画
などで取り上げられる題材にもなるから知っている人もいるだろう。実際に全国にはいくつも施設はあるが、北海道にはない。世の
中にはいろいろな形での差別や偏見があるものだと、残念な思いになった。差別の思いの根底にあるもの、それは、私たちの心の中
にあるのだな、とも。
 これは、過去の歴史の中の出来事であると同時に、今もなお、この差別で苦しんでいる方がいる。私たちの人生は長い。その中で、
ハンセン病の話しを聞く機会があるかもしれない。新たな差別で苦しむ人たちが出るのかもしれない。過去の歴史に中で実際に起こ
り、今も苦しんでいる方々の差別の実態と自分たちにできることを一緒に学んでみたい。是非ともこの機会に、キリスト教主義学校
にいるのだから、「人権」について考えてみたいと思った。


2017年度第8回(2017年11月14日)大学礼拝の案内

掲載日:2017.11.08

2017年度後学期第7回大学礼拝

日時:2017年11月14日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ルカによる福音書1章46-55節
奨励:「マリア讃歌の精神ーーアドヴェントに向けて」                
   小林昭博(キリスト教学教員・循環農学類キリスト教応用倫理学研究室准教授)

【クリスマスの案内】
 《酪農学園大学クリスマス:コンサート》
 今年の大学クリスマス・コンサートは12月19日です。指揮者に北海道農民管弦楽団の牧野時夫さんをお迎えし、
大学の吹奏楽団、室内楽団、合唱団、聖歌隊によるコンサート形式の礼拝を行います。聖歌隊では、コンサート
で一緒にハレルヤ・コーラスを歌ってくれるメンバーを募集しています。毎週礼拝後にオルガン前で練習をしま
すので、希望者はオルガン前での練習にご参加ください。

 《クリスマス・リースの作成》
 アドヴェントに向けて、リースの作成を行います(割と簡単です)。手伝ってくれる学生と作業日程(2日間
程度)を決めますので、本日の礼拝後に、講壇の前にお集まりください。

 《ヒンメリの装飾》
 循環農学類の宮﨑ゼミと義平ゼミが共同で「ヒンメリ」を作成してくださいます。アドヴェントに講堂に飾り
ますので、楽しみにしていてください。ヒンメリについては本日の礼拝で紹介します。


2017年度第7回(2017年11月7日)大学礼拝の案内

掲載日:2017.11.08

2017年度後学期第7回大学礼拝
日時:2017年11月7日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ヨハネによる福音書1章1-5節
奨励:「『青の祓魔師』と言葉の力」                
    高橋優子(獣医学類獣医倫理学研究室准教授)


週報のアップが遅れましたことをお詫び申し上げます。


2017年10月31日大学礼拝(宗教改革500周年記念礼拝)の案内

掲載日:2017.10.25

【宗教改革500周年記念礼拝】
2017年度後学期第6回大学礼拝
日時:2017年10月31日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ルカ福音書10章25節-37節
奨励:「多様性と信仰——原理主義VS普遍主義」               
    矢吹哲夫先生(環境共生学類生命環境物理学研究室教授)

【奨励者からのメッセージ】「多様性と信仰——原理主義VS普遍主義」
 いよいよキャンパスにも雪の季節が到来しました。雪に閉ざされた冬は親しき友と(勿論恋人
とでも良いです)議論したり、一人静かに人生を考えるチャンスでもあります。神さまは、この
世界に多様な物質、多様な生命を生み出し、その多様な物質と生命が織りなす多様な現象を与え
てくれました。その多様性を保証している本質は何でしょうか? それは普遍性です。多様性を
尊重する社会は、多様性の下に隠れている共通性(普遍性)への”深い理解”なしでは実現される
ことはないと、私は信じています。
 今回の奨励では、キリスト教における神の子イエスご自身が私たちに伝えて下さった神の御言
葉としてのその普遍性に基づき、私なりの信仰の普遍性と多様性についてお話し出来ればと思い
ます。


2017年10月24日大学礼拝(秋期強調週間)の案内

掲載日:2017.10.18

2017年度後学期第5回大学礼拝
日時:2017年10月24日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:詩編84編2-7節
奨励:「神のそばにいたい——被災地へと遣わされて」                
   金 聖孝先生
    在日大韓基督教会熊本教会牧師
    ボランティアセンター「エルピスくまもと」センター長

【講師からのメッセージ】「神のそばにいたい——被災地へと遣わされて」
 神を信じることのメリットは、死んでからの天国ではありません。今が、神と共にある今として、
限りない重さと豊かさを持つ、そういう時を生きることではないでしょうか。ですから自身の人生
を振り返ってみても、いじめられ、失敗ばかりの人生を歩んできましたが、僕はいつも喜んで生き
ていますし、与えられたいのちに感謝しています。その上、こうして神に遣わされて被災地でも仕
えさせて頂いています。被災地の仮設住宅でドリームカフェをしに行くとき、なんとなく神のそば
に向かう感じがするので本当にうれしいんです。


【講師紹介】金 聖孝(キム・ソンヒョ)先生
 1959年大阪府東大阪市生まれ。在日韓国人二世。1989年農村伝道神学校卒業。1990年韓国・
延世大学語学堂卒業。1991年9月在日大韓基督教会熊本教会牧師赴任(〜現在)。2005年熊本
刑務所教誨師就任。2015年臨床宗教師養成研修終了(東北大学実践宗教学寄附講座)。2016年
7月ボランティアセンター「エルピスくまもと」センター長就任。
 共編著『在日コリアンのアイデンティティと日本社会』明石書店、2001年。

【エルピスくまもと】
 《エルピスくまもと》は熊本大分地震の被災者支援活動のために、2016年7月に在日大韓基督
教会と日本基督教団九州教区が共同で設立したボランティアセンターです。「エルピス」はギリ
シャ語で「希望」の意。

【講師を囲んで】
 礼拝後に講堂2階の集会室で金先生を囲んで茶話会を行います。リラックスした気分で、講師
に感想や質問を伝えてみみてください。


2017年度秋期キリスト教教育強調週間の案内

掲載日:2017.10.12

2017年度秋期キリスト教教育強調週間を以下の要領で行います。

日時:2017年10月24日(火)10時40分〜
場所:酪農学園大学 黒澤記念講堂
聖書:詩編84編2-7節
主題:「神のそばにいたい」
   ——被災地へと遣わされて——
講師:金 聖孝(キム・ソンヒョ)先生
   在日大韓基督教会熊本教会牧師
   ボランティアセンター「エルピス熊本」センター長

2016年4月14日と16日に起こった「熊本大分地震」によって大きな被害が生じました。
同年7月に在日大韓基督教会と日本基督教団九州教区は共同でボランティアセンター
「エルピス熊本」を設立し、金先生がセンター長に就任して、現在まで被災者の心に
寄り添う活動を続けています。《「エルピス」はギリシャ語で「希望」の意》

金先生のお働きの素敵なところは《ドリームカフェ》という空間に表されています。
ドリームカフェとは、避難所や仮説住宅を訪ね、趣味の域を超えた先生の本格的で
美味しいコーヒーを振る舞い、被災者のみなさんがホッと一息つくことのできる癒
しの時間を提供する空間です。

熊本・大分の被災地、東日本大震災の被災地、そして北海道や九州等の水害の被災
地からも、本学の学生は集まっています。学生、教職員のみなさん、お忙しいと思
いますが、ご出席いただき、被災地の現状やボランティア活動の実態に心を傾け、
被災地に思いを馳せるひとときとしてください。


2017年度後学期第4回大学礼拝(2017年10月17日)の案内

掲載日:2017.10.12

2017年度後学期第4回大学礼拝
日時:2017年10月17日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:エフェソの信徒への手紙2章14-17節
奨励:「離れている人にも近くの人にも平和を」
   小林昭博(循環農学類キリスト教応用倫理学研究室准教授)
   
次回の奨励の担当はキリスト教学担当の小林昭博先生です。
エフェソ書を通して平和についてお話しをされます。
みなさん、ぜひご出席ください。