酪農学園大学キリスト教教育 > 2018 > 6月

各種記事

全件表示一覧

2018年度第11回(2018年6月26日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.06.19

2018年度後学期第11回大学礼拝
日時:2018年6月26日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ローマの信徒への手紙5章1−5節
奨励:「言葉の力:自分を育ててくれた言葉を考える」                
   堂地 修先生(農食環境学群長)

次回の大学礼拝は農食環境学群長の堂地修先生に奨励をご担当いただきます。
両学群の学生はもとより、教職員のみなさんも是非ともご出席ください。


2018年6月19日KNOW GOSOELライヴ(酪農学園大学礼拝)のお知らせ

掲載日:2018.06.18

2018年度第10回大学礼拝
日時:2018年6月19日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂

次回代の大学礼拝は、札幌のゴスペル・クワイア《KNOW GOSPEL》の
ゴスペル・ライヴです。いつもと違うノリノリのゴスペルを愉しんでください!

曲目等はPDFをご覧ください。

《KNOW GOSPELの紹介》
 KNOW GOSPELは、2000年9月にシンガーでありディレクターであったデリック・パニエ牧師によって創設されたゴスペル・クワイアです。歌を通してイエス・キリストの「福音」(GOSPEL)を知ってもらうことを目的として、様々な年齢や職業のメンバーが参加しています。
 今までオリジナルライブの開催や市内各商業施設のイベント・ 区民センター主催コンサート・大学祭などに出演し、さらに旧厚生年金会 館や札幌ドームで行われたゴスペル・フェスティヴァルで全道のゴスペル・クワイアと共演してきました。KNOW GOSPELは札幌・宮の森フランセス教会をホームグラウンドとして活動しており、東日本大震災復興支援ゴスペル・ライヴに出演するなど、積極的にゴスペルが持つメッセージを発信し続けてきました。2007年に創立者のデリック・パニエ牧師が召天し、その志をメンバーが引き継ぎ、《愛》を大切にしてゴスペルを歌い続けています。
 なお、クワイア名の「KNOW GOSPEL」とは、世界の皆様に「ゴスペルを知ってください!」 という故デリック・パニエ牧師の強い思いを込めて命名されたものです。


2018年度第9回(2018年6月12日)大学礼拝の案内

掲載日:2018.06.07

2018年度後学期第9回大学礼拝
日時:2018年6月12日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:マタイによる福音書4章18-22節
奨励:「人を育てるには」                
   三浦照男先生(インド・サンヒッギンボトム農工大学教授)

三浦照男先生は本学卒業後に米国に留学して研究者となり、現在はインド・サンヒッギンボトム
農工大学教授として、インドの農業と人権の発展に尽力しておられます。その働きは日本基督教
団の海外宣教の一翼をも担っており、三浦先生はまさに三愛精神を体現する働きを実践してこら
れました。その働きをお覚えいただくためにも、ぜひとも礼拝にお越しください。

また、礼拝後には黒澤記念講堂の2階集会室で、アジア酪農交流会とキリスト教教育委員会の共
催で、例年同様に三浦先生を囲んで昼食会を行います。学生にもお声がけのうえ、礼拝に続けて
ご出席ください。また、お昼休みの時間にも重なりますので、教職員のみなさんにも交流の時間
にお顔をお出しいただければ幸いです。良き交流のときとなることを願っています。


 |