酪農学園大学キリスト教教育 > 2017 > 10月

各種記事

全件表示一覧

2017年10月31日大学礼拝(宗教改革500周年記念礼拝)の案内

掲載日:2017.10.25

【宗教改革500周年記念礼拝】
2017年度後学期第6回大学礼拝
日時:2017年10月31日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:ルカ福音書10章25節-37節
奨励:「多様性と信仰——原理主義VS普遍主義」               
    矢吹哲夫先生(環境共生学類生命環境物理学研究室教授)

【奨励者からのメッセージ】「多様性と信仰——原理主義VS普遍主義」
 いよいよキャンパスにも雪の季節が到来しました。雪に閉ざされた冬は親しき友と(勿論恋人
とでも良いです)議論したり、一人静かに人生を考えるチャンスでもあります。神さまは、この
世界に多様な物質、多様な生命を生み出し、その多様な物質と生命が織りなす多様な現象を与え
てくれました。その多様性を保証している本質は何でしょうか? それは普遍性です。多様性を
尊重する社会は、多様性の下に隠れている共通性(普遍性)への”深い理解”なしでは実現される
ことはないと、私は信じています。
 今回の奨励では、キリスト教における神の子イエスご自身が私たちに伝えて下さった神の御言
葉としてのその普遍性に基づき、私なりの信仰の普遍性と多様性についてお話し出来ればと思い
ます。


2017年10月24日大学礼拝(秋期強調週間)の案内

掲載日:2017.10.18

2017年度後学期第5回大学礼拝
日時:2017年10月24日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:詩編84編2-7節
奨励:「神のそばにいたい——被災地へと遣わされて」                
   金 聖孝先生
    在日大韓基督教会熊本教会牧師
    ボランティアセンター「エルピスくまもと」センター長

【講師からのメッセージ】「神のそばにいたい——被災地へと遣わされて」
 神を信じることのメリットは、死んでからの天国ではありません。今が、神と共にある今として、
限りない重さと豊かさを持つ、そういう時を生きることではないでしょうか。ですから自身の人生
を振り返ってみても、いじめられ、失敗ばかりの人生を歩んできましたが、僕はいつも喜んで生き
ていますし、与えられたいのちに感謝しています。その上、こうして神に遣わされて被災地でも仕
えさせて頂いています。被災地の仮設住宅でドリームカフェをしに行くとき、なんとなく神のそば
に向かう感じがするので本当にうれしいんです。


【講師紹介】金 聖孝(キム・ソンヒョ)先生
 1959年大阪府東大阪市生まれ。在日韓国人二世。1989年農村伝道神学校卒業。1990年韓国・
延世大学語学堂卒業。1991年9月在日大韓基督教会熊本教会牧師赴任(〜現在)。2005年熊本
刑務所教誨師就任。2015年臨床宗教師養成研修終了(東北大学実践宗教学寄附講座)。2016年
7月ボランティアセンター「エルピスくまもと」センター長就任。
 共編著『在日コリアンのアイデンティティと日本社会』明石書店、2001年。

【エルピスくまもと】
 《エルピスくまもと》は熊本大分地震の被災者支援活動のために、2016年7月に在日大韓基督
教会と日本基督教団九州教区が共同で設立したボランティアセンターです。「エルピス」はギリ
シャ語で「希望」の意。

【講師を囲んで】
 礼拝後に講堂2階の集会室で金先生を囲んで茶話会を行います。リラックスした気分で、講師
に感想や質問を伝えてみみてください。


2017年度秋期キリスト教教育強調週間の案内

掲載日:2017.10.12

2017年度秋期キリスト教教育強調週間を以下の要領で行います。

日時:2017年10月24日(火)10時40分〜
場所:酪農学園大学 黒澤記念講堂
聖書:詩編84編2-7節
主題:「神のそばにいたい」
   ——被災地へと遣わされて——
講師:金 聖孝(キム・ソンヒョ)先生
   在日大韓基督教会熊本教会牧師
   ボランティアセンター「エルピス熊本」センター長

2016年4月14日と16日に起こった「熊本大分地震」によって大きな被害が生じました。
同年7月に在日大韓基督教会と日本基督教団九州教区は共同でボランティアセンター
「エルピス熊本」を設立し、金先生がセンター長に就任して、現在まで被災者の心に
寄り添う活動を続けています。《「エルピス」はギリシャ語で「希望」の意》

金先生のお働きの素敵なところは《ドリームカフェ》という空間に表されています。
ドリームカフェとは、避難所や仮説住宅を訪ね、趣味の域を超えた先生の本格的で
美味しいコーヒーを振る舞い、被災者のみなさんがホッと一息つくことのできる癒
しの時間を提供する空間です。

熊本・大分の被災地、東日本大震災の被災地、そして北海道や九州等の水害の被災
地からも、本学の学生は集まっています。学生、教職員のみなさん、お忙しいと思
いますが、ご出席いただき、被災地の現状やボランティア活動の実態に心を傾け、
被災地に思いを馳せるひとときとしてください。


2017年度後学期第4回大学礼拝(2017年10月17日)の案内

掲載日:2017.10.12

2017年度後学期第4回大学礼拝
日時:2017年10月17日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:エフェソの信徒への手紙2章14-17節
奨励:「離れている人にも近くの人にも平和を」
   小林昭博(循環農学類キリスト教応用倫理学研究室准教授)
   
次回の奨励の担当はキリスト教学担当の小林昭博先生です。
エフェソ書を通して平和についてお話しをされます。
みなさん、ぜひご出席ください。


2017年度第18回大学礼拝(2017年10月10日)の案内

掲載日:2017.10.05

2017年度第18回大学礼拝
日時:2017年10月10日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:箴言3章13-27節
奨励:「脳を耕すーー出会いと挑戦する気持ちを大事に」
   竹花一成(酪農学園大学学長)
   
次回の奨励の担当は学長の竹花一成先生です。
学生と大学の教職員のみなさんも是非ご出席ください。お待ちしています。


 |