酪農学園大学キリスト教教育 > 2016 > 10月

各種記事

キリスト教教育強調週間一覧

2016年10月25日の大学礼拝は「秋期キリスト教教育強調週間」の特別礼拝です。

掲載日:2016.10.21

雪が舞い、一気に寒さが厳しくなっています。皆様の健康が守られますように。寒さに負けず、それぞれの研究活動や体験が深められますようにお祈りいたします。

さて、標題のように次回の礼拝は、特別礼拝です。
講師から、「命との向き合い方」についてのお話しを聴く機会として計画しています。

日時:2016年10月25日(火)午前10時40分~
場所:黒澤記念講堂
奨励:「人生の危機を生きる~ホスピスで学んだこと」
講師:窪寺俊之先生(聖学院大学大学院客員教授)

礼拝後、講堂2階で交流茶話会を予定しています。ご参加ください。
添付のPDFファイルに週報プログラムがあります。講師の自己紹介、メッセージもありますのでご確認ください。


2016年度 秋期キリスト教教育強調週間 礼拝案内

掲載日:2016.10.14

酪農学園大学では、春と秋に「キリスト教教育強調週間」を置いて、特別講師を招いての礼拝を行っています。

今回は、現在、聖学院大学大学院の客員教授をされている窪寺俊之先生をお迎えして、命の見つめ方を聴く機会としたいと思います。窪寺先生のその他の紹介・略歴などは、添付ファイルにてご確認ください。

2016年度秋期の標記週間の礼拝について、ファイルを添付しますので、ご確認ください。

わたしたちが、この世界に生を受け、それぞれの歩みを重ねている中で、一つとして同じ歩みはありません。その「命」について深く考え、互いを尊重する関わりを作りたいものです。



 |