酪農学園大学キリスト教教育 > 2015 > 10月

各種記事

全件表示一覧

2015年度秋期キリスト教教育強調週間

掲載日:2015.10.21

2015年度の秋期キリスト教教育週間では、太田結子氏を講師を迎えての礼拝を守り、特に「平和」についての思いをあらためて問いたいと考えています。チラシでも掲示してあります。声を掛け合って、積極的に参加してください。

10月27日(火)10時40分 黒澤記念講堂にて

奨励 「みどりのゆび~地の塩~」 太田結子さん

礼拝後、講師を囲んでの茶話会も予定しています。

詳細はPDFファイルでご確認ください。

 


2015年10月20日の礼拝案内

掲載日:2015.10.15

次回の大学礼拝は、2015年10月20日(火)10時40分より、黒澤記念講堂で行われます。

奨励者は、榮 忍大学宗教主任です。

聖書箇所:マルコによる福音書8章27~30節

奨励題:『戒められたこと』

讃美歌-452番(ただしく、きよくあらまし)

讃美歌21-531番(主イエスこそわが望み)

寒くなりましたが、心を暖かく保つ礼拝を共に守りましょう。

添付PDFは週報です。詳細をご確認ください。


2015年10月13日の礼拝案内

掲載日:2015.10.10

2015年10月13日の大学礼拝は、相原晴伴先生(酪農学園大学循環農学類)が奨励者です。

奨励題は「神さまに導かれるとき」

聖書は、ヨナ書1章3節、マルコによる福音書14章50節、ペテロ行伝35章から、の3箇所です。ペテロ行伝は新約聖書外典で、礼拝で読まれることは珍しい箇所です。

讃美歌は2編の1番と、讃美歌541番です。

積極的に参加してください。


2015年10月6日大学礼拝の案内

掲載日:2015.10.05

次回の大学礼拝は、昨年に引き続いて、クリスチャンシンガーの吉村美穂さんをお迎えし、コンサート形式で行います。美しい歌声をぜひ聞きに来てください。お待ちしています。

日時:2015年10月6日(火)10時40分

場所:黒澤記念講堂

聖書:エフェソの信徒への手紙6 章 12-17 節

讃美歌:讃美歌第2編 19番(もろびと声合わせて)

詳しくは、PDFファイルをご覧ください。

 

【クリスチャンシンガー 吉村美穂さんの紹介】

 昨年に引き続き、酪農学園大学に吉村美穂さんとピアニストの野田常喜さんをお迎えすることができました。感謝します。北海道ツアーの合間をぬっての来学です。吉村美穂さんは、立命館大学法学部卒業後、京都市立芸術大学声楽科、グラーツ国立音楽大学卒業。ウィーンにて研鑽を積まれ、2006年より、キリストの愛を伝えるクリスチャンシンガーとして、日本全国はもとより、ヨーロッパ、アジア、アメリカ各地の教会、幼稚園、病院等で証しと賛美のコンサートを年間100回以上開催しておられます。いのちのことば社より、07年「こころから」、09年「In Your Grace~恵みの中で」「マニフィカート~Christmas Songs」、11年「ガリラヤの風薫る丘で」のCDをリリース。12年に東北支援チャリティCD「聖なるつよさ」を、さらに13年にCD「Aus Liebe~愛ゆえに」をリリースしています。現在、滋賀県下のゴスペル教室講師、VIP湘南歌の学校講師、平安女学院高校コーラス部ヴォイストレーナーとして活動されています。

【ピアニスト 野田常喜さんの紹介】

 ピアノ伴奏は、野田常喜さんです。両親の影響を受けて、7歳から教会で賛美歌やゴスペルの演奏を始め、1998年大阪音楽大学ピアノ科を卒業。岡山・若い芽のコンサート入賞。なにわ芸術祭などに出演。現在、クラシック中心に演奏活動をする傍ら、作曲やアルバムのプロデュース、アレンジなども手がけています。ピアノソロアルバム「All My Love」をリリースするなど、ジャンルを超えた音楽性と心に深く語りかける瑞々しいピアノの音色には定評があります。

 

 

 

 

 

 


 |