酪農学園大学キリスト教教育 > 2015 > 5月

各種記事

キリスト教教育強調週間一覧

2015年6月2日の大学礼拝(春期キリスト教教育強調週間)の案内

掲載日:2015.05.26

次回の大学礼拝はキリスト教教育強調週間として行われます。

日時:2015年6月2日(火)10時40分

場所:酪農学園大学 黒澤記念講堂

主題:「災害の狭間を生きる

——1.17~3.11〜ひとりぼっちは、アカン!!〜」

講師:柴田信也先生

日本基督教団牧師、日本基督教団東北教区被災者支援センター・エマオ仮設住宅・復興住宅支援アドヴァイザー、前日本基督教団兵庫教区被災者生活支援・長田センター主事

なお、礼拝後に講師を囲んで茶話会のときを持ちますので、学生、教職員のみなさんは、黒澤記念講堂2階集会室にお集まりください。

詳しくは、PDFファイル(週報・ポスター・案内)をご覧ください。

【講師からのメッセージ】


 自然災害。地震、台風、大雨、洪水、土砂災害、津波、雪害、干ばつなど・・・。あまり気づいていないかもしれませんが、今日も世界や日本の どこかで災害は起こり続けています。わたしたちは今日、たまたま運よく、 自然災害の被災者でないかもしれません。しかし明日には、被災者となる かもしれません。

 災害は、おびただしい自然の驚異により尊いいのちと日々の暮らしを一 瞬にして奪うものです。失われたものは取り戻すことが出来ず、社会が高 度に複雑化すればするほど取り戻すことは困難を極め、想像を超える時間 を要します。被災者支援は「可哀想」な人を救う働きではなく、災害により奪われた人権を取り戻す働きであり、災害に見舞われて改めて知る災害 列島のこの国の暗部を照らし、ひとりひとりを支え、命を生かす営みです。

 


2015年度春期キリスト教教育強調週間のお知らせ

掲載日:2015.05.25

2015年度春期キリスト教教育強調週間を下記のように行います。

日時:2015年6月2日(火)10時40分

場所:酪農学園大学 黒澤記念講堂

主題:「災害の狭間を生きる

——1.17~3.11〜ひとりぼっちは、アカン!!〜」

講師:柴田信也先生

日本基督教団牧師、日本基督教団東北教区被災者支援センター・エマオ仮設住宅・復興住宅支援アドヴァイザー、前日本基督教団兵庫教区被災者生活支援・長田センター主事

春の強調週間では、阪神淡路大震災(兵庫県南部大地震)から20年の節目の年に、未だ震災が終わっていないということを、立ち止まって考えたいと考えています。講師にお迎えする柴田信也先生は、当初から阪神淡路大震災の被災者支援に携わり、東日本大震災後は東北に留まって活動を続け、この春より正式に東北に居を移して、被災者支援を続けておられます。二つの震災の狭間で考え、実践してこられたことをお伝えいただけるときだと考えています。学生、教職員のみなさん、積極的にご出席くださいますようお願いいたします。

 なお、礼拝後に講師を囲んで茶話会のときを持ちますので、黒澤記念講堂2階集会室にお集まりください。

 

詳しくは、PDFファイル(ポスター・案内)をご覧ください。


 |