酪農学園大学キリスト教教育 > 全件表示 > お知らせ > 2017年10月24日大学礼拝(秋期強調週間)の案内

各種記事

2017年10月24日大学礼拝(秋期強調週間)の案内

掲載日:2017.10.18

2017年度後学期第5回大学礼拝
日時:2017年10月24日(火)10時40分
場所:黒澤記念講堂
聖書:詩編84編2-7節
奨励:「神のそばにいたい——被災地へと遣わされて」                
   金 聖孝先生
    在日大韓基督教会熊本教会牧師
    ボランティアセンター「エルピスくまもと」センター長

【講師からのメッセージ】「神のそばにいたい——被災地へと遣わされて」
 神を信じることのメリットは、死んでからの天国ではありません。今が、神と共にある今として、
限りない重さと豊かさを持つ、そういう時を生きることではないでしょうか。ですから自身の人生
を振り返ってみても、いじめられ、失敗ばかりの人生を歩んできましたが、僕はいつも喜んで生き
ていますし、与えられたいのちに感謝しています。その上、こうして神に遣わされて被災地でも仕
えさせて頂いています。被災地の仮設住宅でドリームカフェをしに行くとき、なんとなく神のそば
に向かう感じがするので本当にうれしいんです。


【講師紹介】金 聖孝(キム・ソンヒョ)先生
 1959年大阪府東大阪市生まれ。在日韓国人二世。1989年農村伝道神学校卒業。1990年韓国・
延世大学語学堂卒業。1991年9月在日大韓基督教会熊本教会牧師赴任(〜現在)。2005年熊本
刑務所教誨師就任。2015年臨床宗教師養成研修終了(東北大学実践宗教学寄附講座)。2016年
7月ボランティアセンター「エルピスくまもと」センター長就任。
 共編著『在日コリアンのアイデンティティと日本社会』明石書店、2001年。

【エルピスくまもと】
 《エルピスくまもと》は熊本大分地震の被災者支援活動のために、2016年7月に在日大韓基督
教会と日本基督教団九州教区が共同で設立したボランティアセンターです。「エルピス」はギリ
シャ語で「希望」の意。

【講師を囲んで】
 礼拝後に講堂2階の集会室で金先生を囲んで茶話会を行います。リラックスした気分で、講師
に感想や質問を伝えてみみてください。